猫ちゃんの健康を保つ食事とは

猫ちゃんの健康を保つ食事とは

子猫の時期

子猫のころはミルクになります。ミルクといっても、人間がのむ牛乳はさけてください。牛乳の成分を分解できないので下痢の原因となってしまいます。

必ず猫専用のミルク(そのままあげる缶タイプと溶かしてあげる粉タイプがあります)をあげてください。

また、生まれたばかりの子は免疫力の関係でおかあさん猫の初乳が必要です。理由あって初乳を受けられなかったばあいは動物病院にご相談くださいね。

成猫の時期

おとなになったらドライフードと缶詰がメインになります。ドライフードの多くは猫が必要としている栄養素がきちんと入っていて、簡単にあげられるので飼い主さんも便利です。なまえの通った大手のメーカーさんのものを選べばまず安心です。

ドライフード中心にあげる場合、水分不足にならないよう、お水を絶やさないようきをつけてあげてくださいね。

つぎに缶詰ですが、おおきくわけて2種類あります。普通のツナ缶のように素材を生かした「一般食」と、猫のひつような成分を加えた「総合栄養食」です。おそらく、おおくの猫ちゃんは一般食のほうを好んでたべる傾向にあると思います。(なぜか缶詰の総合栄養食は猫ちゃんサイドからすれば味が・・・かもしれません)

缶詰をみればどちらのタイプか書いてありますので確認して購入しましょう。また、水分が多いので、水分補給の助けにもなりドライフードとはまた違った利点があります。

おうちで手作りのをあげたい!という飼い主さんもいらっしゃるかと思いますが、この時の注意点としては、

  1. たまねぎは絶対に使わない(血液の成分を破壊してしまって危険です)
  2. 鶏の骨は食べさせない(骨が縦に裂けて食道に刺さったりします)

です。

ほかにも猫にあげてはいけないモノがありますが、この2点は昔からいわれています。

老猫の時期

歯がよわくなって抜けたりする、内臓の機能が弱まる、などにんげんと同じ老化現象が現れます。固いものが噛めなくなったり、チョコチョコ食べるようになったり。

ドライフードが食べにくそうだったら、砕いたり、お湯でふやかす(その猫ちゃんの嗜好次第になります)など工夫してあげてください。

おすすめのキャットフードは人それぞれだとは思いますが、愛猫ちゃんが長生きできるように想像してフードを与えてあげなければなりません。

また、老化による腎臓疾患などの猫ちゃん用に処方食もありますが、飼い主さんの判断であげるのではなく、動物病院の指示のもとあげてください。

以上猫ちゃんの食生活の基本を3ステージにわけてみました。飼い主さんも猫ちゃんも健康に生き生きと暮らせますように。

本気の着物の選び方とは

本気の着物の選び方とは

カジュアル着物の選び方

着物、というと金糸や銀糸の豪華な刺繍の帯や、友禅の着物など、高価なものといった印象があり、呉服屋さんで着物を買うなど敷居の高いことだと思われるかもしれません。確かに、呉服店などは高価なきものや帯をメインに販売していますが、そんな高い着物以外にも「ふだん着物」として着られるカジュアルな着物は、比較的安い金額で購入することができます。

もともと、着物は昔の普段着だったのですから、昔の人が普段着ていた着物ならば、安く購入することができます。着物リサイクル店では、状態にもよりますが、きものや帯の下限はだいたい2000円から、高いもので数万円程度です。

これなら、気軽に買い揃えることができます。着物リサイクル店の場合は中古の着物なので、状態をよく見て買わないと、あとからシミやほつれなどを見つけてしまうことがあるのです。けれども、市販の呉服店にはないデザインがたくさんあるので、宝探しのようなワクワク感がありますし、普段のお出かけ用の着物であれば、最初はリサイクル店の着物で充分だと思います。

着物の寸法と選び方

着物は、洋服と違って、サイズがあわなければムダになる、ということがあまりありません。もともと、一枚の布からつくられている着物は、布を体にまきつけて着るため、全体的にに余裕があり、少しくらい太ったからといっても、工夫次第で着ることができます。

着物の寸法はほぼ身長の高さを表示する身丈や首の付け根から手首までの長さの裄、前幅、後幅などがあり、着物が大きめであれば、多少、着付けの時に調節することができますので、なんとか着ることができますが、幅がたりないと、着崩れの原因になりますので、着物を買うときは、まず、自分の身長や裄を測っておくと便利です。呉服屋さんやリサイクル店などでは身丈や裄、前幅、後幅をそれぞれ表示したタグがついていますので、それを参考にして選ぶとよいでしょう。

必要な物

着物を着たい!そう思った時に必要な物を調べました。なるほど、これが必要なのかとチェックし買い物へ。着物初心者ということで、最初は高価な着物ではなくリサイクル(古着)から始めようと思いました。いざお店に行くとたくさん素敵な柄の着物が。わくわくします。

店員さんが親切に接客してくださって試着をする段階に。これがいい!と選んだものに合う帯も選んでいただきました。TPOにあわせて選びましたが、帯結びが微妙。イメージがわきにくかったです。

試着なので簡単な帯結びなのでしょうが、初心者にはどんな帯結びがあるか分からないのでイメージがとてもしにくかったのが印象に残っています。「帯の長さで出来る帯結びに制限がある」と説明していただき、それならばしょうがないけど柄は気に入ったからこれにしよう!と着物と帯を選びました。

じゃあこの着物に合う長襦袢を選ばないとね、と店員さんが言いました。私は長襦袢は自分のサイズに合ってればどの着物にも使えると思っていましたが違いました。長襦袢もリサイクル品でサイズが合うものがあり購入。サイズがあって良かったです。

自分の知識不足ですが、ネットで調べた”必要な物”の知識だけでは駄目でした。身長によって、着物に合わせたサイズ。TPOに合わせた柄。素人がネットのみで買い物は、間違った知識ばかりだったので危ないと思いました。お店で買い物をして良かったです。

お店

着物のリサイクルショップを探すのは本当に大変でした。上等なもののお店は大手が多いので探すのが簡単ですが、リサイクルはなかなか見つからない!一箇所だけではなくいろいろなお店を見てみたい、と思うと本当に日にちが必要でした。ですが、口コミです。

口コミで調べていくとたくさんの情報が。着物が好きな人の中で有名なお店。ネットではなかなかみつからないけど口コミだとたくさんのお店を知る事が出来ました。着物のリサイクルはネットショッピングがたくさんありましたが、実物を見て決めたいのでネットでは購入に至らなかったです。

着物を着る機会は少ないので、お店が少ないのもしょうがないですが「もっと店がまとまってあったら買い物がしやすいのに」と思いました。若者の街渋谷・原宿。お年寄りの街巣鴨。ゲイバーがたくさんある新宿2丁目。など、着物と言えばここ!という街があればな、と思いました。

購入後

購入後のお手入れも困りました。たたみ方、保存方法、着付けしてもらう場所までどうやって持って行こうか。などです。

変な風に折って持っていくと癖がついても嫌だし。いくらリサイクルでも大切に扱いたいからです。洋服ダンスにも着物はどうやってしまおうか悩みました。ハンガーもなかなかないので、吊るすにも困りました。

結果、面倒なので今後着物はあまり購入しようとも思えなくなりました。着物を着ると特別な感じがしてとても楽しい気持ちになりますが、その分購入する時や管理がとても大変だと思いました。

キャッシングで乗り切った時の話

キャッシングで乗り切った時の話

私が借り入れをした理由

私は今年で25歳になりますが、周囲はまさに結婚ラッシュを迎えています。多いときは毎週のように結婚式に呼ばれ、まさにご祝儀貧乏状態となっていました。

でも、友達にとっては一生で一回の大事なイベントなので、断るわけにもいかず、しかしお金はなく…親に言っても「それなら出席しなければいい。」と言われそうなので、言うに言えず…。

そうやって悩んでいたところ、電車の吊り広告で、プロミスの広告を目にして、借りてみようと思いました。

初めてのキャッシング

借り入れを決めた時は、すでに翌日に結婚式が迫っていたので、とても焦っていました。契約してもすぐにお金を貸してくれるのかな、という不安がありましたが、とりあえずネットで手続きをして、店舗に行きました。店舗を入ってからも契約機が置いてある部屋はすりガラスになっていて、とてもプライバシーに配慮されているなと感じました。

契約が始まってからは基本的にタッチパネルの操作と自動音声の案内で手続きが進んでいき、わからないところや金融会社側が確認したいことは、設置されている電話でお話しするという形だったので、誰にも会わずに手続きすることができて、あまり人目につきたくなかったので、すごくありがたかったです。

また、電話で対応してくれた担当の方もすごく丁寧にお話しをしてくださり、話の内容が進んでいくたびに、私に対して分からないことがないかどうかを確認してくれたので、分からないことを聞きやすかったです。

また、契約にかかる時間についても気にしてくれ、このあと急ぎの予定があるかどうかも確認してくれ、イメージつ違ってとても丁寧に対応してくれるんだなと感じました。そんな風に契約が進んでいき、店舗に行ってから大体30分くらいで、契約が完了しお金を貸してもらえました。友人の結婚式にも間に合い、とてもいい結婚式に出席できて、とても嬉しく思っています。

返済について

返済については、毎月3回金融会社側が指定する日から自分の都合のいい日を選んで毎月1回返済していく方式です。

借り入れの際に毎月の返済額が印字されたレシートが出てくるので、私のように予定を忘れやすい人でも、そのレシートを財布のなかに入れておけば、返済を忘れる心配はありませんし、ある程度お金に余裕がある月は多めに返済し、借り入れを減らすことも可能です。

最後に言いたいこと

世間のイメージとはかなり違い借りやすい雰囲気を作ってくれているので、経験がない人でも、お金が必要で困っているのなら利用するべきだと思います。