着物を全力で活用する為には何をしたらいいか

結婚するときにいわゆる形通りの種類の着物を用意してもらいました。以前は必要とされた着物も年々生活様式が変わり、必要とされなくなったものが、多々あります。

例えば、黒の羽織、以前は、小学校の入学式には、淡い色の訪問着に黒の羽織姿の母親の姿が普通でしたが、最近では、全くみられなくなりました。

時の流れは非常に早い

時代の移りかわりには、目まぐるしいものがあります。逆に、成人式での振袖姿は衰えるどころか、年々華やかになってきているのではないでしょうか。柄も華やかに髪飾りにも生花を使ったり、もちろん髪型もです。

若いお嬢さんは、花火大会にも浴衣で行く姿もふえてきているのではないでしょうか。浴衣も斬新な柄がでてきたり、若い方には、逆に新鮮なファッションになってきているのかもしれませんね。

着物は、日本古来のものですし、とても高価なものという印象もあり、よくわからないから、と親や詳しい人に任せがちですが、やはり、自分の着物は、身に着ける本人が選ぶのが一番だと思います。

最近の若い子は着物を活用している

その点では、今の若い方が、斬新な着物の着方をするのに対して、眉を細めるお年を召された方もいらっしゃるかもしれませんが、私は、若い方々が、着物に対して、自由に自分の思うファッションを楽しむことは、とてもいいことで、着物の将来にも頼もしいことだと思っています。

そういうところから、親しみをもって入り、訪問着などを素敵に着こなせる女性になっていってくれると思うからです。

そういう意味でも、着物は着る人が選ぶのが基本と考えます。和風の柄とかわからない、ではなく、わからないなりに、色が好きとか、柄が好きとか、好みはあるはずです。

その方が愛着がわくと思うからです。もちろん、代々、親から子へと受け継がれていく、この着物も素晴らしいと思います。

そういうことができるのも着物の良さです。その着物を、帯や帯締め、帯どめ、重ね襟、様々な付属品で着物のイメージも変えることができます。自分にあうコーディネイトを楽しむことができます。

私は、少し前に、着物を整理しました。いわゆる箪笥の肥やしになっている着物を業者さんに買い取ってもらいました。

ただ、期待するような額は、まず無理です。本当に期待できるのは、有名作家さんの作品くらい、とききました。

なので、思い入れのある着物であれば、リフォームをして、着ることを考えた方がいいかもしれませんね。

今は、海外でも人気の着物です。できることなら、もっと活用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です